コラム

日本で初めて「アーケード」と名付けられた、“帝国ホテルアーケード”の魅力を余すことなくお届けいたします。

帝国ホテルアーケード探訪記 Vol.2

  • 帝国ホテルアーケード コラムVol.2

    帝国ホテルアーケード コラムVol.2

暑い夏をのりきるおすすめショップ

みなさま、ごきげんよう!

生活とこころの中のキラキラをこよなく愛する、セレブロガーの似鳥陽子です。

 

日差しの強さが増していき、どんどん夏に向かっているのを、汗ばむ肌で実感する今日この頃。今回の「帝国ホテルアーケード街探訪記」は、まだまだ行列が並ぶ「銀座熊本館」から、アミューズブーシュ的なスタートをします。おみやげ人気ベストワンの「いきなり団子」を購入し、くまもんと固くシェイクハンド。震災復興にちょっとだけ貢献できた気分でるんるんと歩いていると、アスファルトからの照り返しで首の後ろやおでこから、滝のような汗が…。おしゃれな街・銀座で、わたしひとりが暑苦しいーっ!と、蒸し蒸しまとわりつく湿気から逃れるべく帝国ホテルへ。アーケード街への階段を降りていくと、静けさと落ち着きの空間がやさしく迎えてくれました。そう、ここはわたしにとって、喧噪に満ちた銀座からクールダウンできる、すっかり心のオアシス的な存在なのです。

 

汗をダラダラ垂らしながら、何はともあれ真っ先に駆け込んだのは「虎屋菓寮」。500年近く続く、和菓子の老舗中の老舗「とらや」が運営する甘味カフェです。わたしのいつものお気に入りは、フルーツあんみつ。あんみつって、餡子と赤えんどう豆に、そのお店の実力が現れますよね。なめらかでずっしりと密度の高い「とらや」の御膳餡は王者の風格。まさに、キングオブ餡子のオーラを放っています! この時ばかりは、ダイエットなんて言葉を口走るのは野暮というもの。冬のお汁粉も美味しい。でも今日は、迷わずに「かき氷」をオーダーです。極東ロシアに広がる森・タイガを連想させる、京のお抹茶がふんだんに使われた宇治金時(1,404円)の深い緑は目にも癒され、一口含めば、全身の汗腺がすーっと閉じていくのを実感。 「おいしいけれど、全部食べると頭痛が…」とお嘆きの方には、ハーフサイズもあるのでご安心を。

 

かき氷でからだの熱が引いたところで、アーケード街をさらに奥へと探索です。日中でもガス灯の街並みの趣を思わせる「バーバー・オイカワ」が気になったわたし。歴史を感じるウッディな内装に革張りの椅子。100年以上に渡る帝国ホテルの歴史と共に歩んできた歴史ある同店は、いぶし銀の輝きを感じます。客層は、男性…というより、紳士ONLYなイメージですが、なんと、女性も利用することができるのです。それも完全個室だそう! 女性が利用できるメニューは、シェービング(顔そり)とエステ。オールバックに髪をなでつけ、ピシッとしたベストとネクタイ姿の3代目・及川さんの風貌はバーテンダーのよう。さすが、帝国ホテルアーケードは「床屋さん」も一味違います。磨き抜かれた切れ味抜群のカミソリが肌の上を滑ると、羽毛のような産毛まで、一ミクロンたりとも逃さずに剃られていき、お肌がツルツルすべすべに。蒸しタオルで毛穴の汚れがとれ、肌の色もワントーン上がります。レディースシェービングが5,400円、エステは6,480円というお手軽価格に驚きです。アミューズメント的な気分で未知なる世界を体験し、スッキリした肌で夏を迎えてはいかが。

 

湿度と気温が高いこの季節は、夜、寝苦しくなるのが困りもの。睡眠の質は、美肌や健康に大きくかかわってきますよね。この時期を快適に過ごすには、なんといっても、いつも肌に触れている寝具やリネン類のセレクトが大切! 安心素材にこだわった「PG GAUZE」(ピージーガーゼ)は、ベビーからオトナまで、家族全員で使うことのできるラインナップ。どこか懐かしく、ふわふわした上質なガーゼの肌触りは、赤ちゃんの肌にやさしいのはもちろん、オトナなわたしの心も、ママに抱かれていた幼き頃へと還してくれます。素肌に縫い目が当たらないよう、内側に縫い目を織り込んだ“無双縫い”のパジャマなど、いかにリラックスタイムを快適に過ごせるか、考え抜かれた配慮がすごいです。洗うほどに柔らかくなるガーゼライフを、まずは ゆるタオル(1,944円)から、お手軽にはじめてみても。無料で名前を入れてくれるブランケットは、気の利いた出産プレゼントに人気です。

 

ジャケットを脱ぐ機会が増えるクールビズの時期は、シャツのおしゃれも気になりますよね。500種類という驚きの品ぞろえを誇るのが、屋号もスパッとわかりやすくて潔い、老舗のシャツ専門テイラー「谷シャツ商会」。ディスプレイされているシャツのプリントやデザインの豊富さに目を奪われます。色や柄だけでなく、素材にも大きなこだわりを見せる同店は、上質な夏用コットンやイタリーリネンなどの生地や、サスペンダーやチーフなど、小物類の品ぞろえも豊富です。レディースのシャツは、胸元の可憐なレース使いと、パリッとしたクラシカルな白襟が目を引き、往年のハリウッド女優のようなエレガントなオーラを放っています。ワンピースの上に羽織ってジャケット使いができるのも、素材の上質さの所以です(16,200円)。お仕立付きのギフト券は、大切な家族や尊敬する目上の方にも喜ばれること間違いなし(21,600円)。そして、イタリア製のシルクのネクタイが、なんと、シャツ1枚のお値段で6本買えてしまう3,240円からというのも驚き! シャツと揃えて贈ってあげてもお財布に優しいのが嬉しいですね。

 

というわけで今回のレポートは、暑い時期におすすめの、帝国ホテルアーケード街の楽しみ方とおすすめショップのご紹介でした。アーケード街には約50ものショップがあります。今回ご紹介したのは、ほんの一部。ご自分の楽しみ方も、ぜひ見つけてみてくださいね!

PAGE TOP