コラム

日本で初めて「アーケード」と名付けられた、“帝国ホテルアーケード”の魅力を余すことなくお届けいたします。

アーケードの顔 File27:絵画堂 編

アーケードで働くスタッフにインタビューしてお店の魅力に迫ります。

今回は「絵画堂」の矢川さんにお話を伺いました。

 

 

 

――お店の「アピールポイント」を教えて下さい。

 

矢川さん 1970年の本館が建て直しされた際に出店して以来、約50年、帝国ホテルと共に歴史を刻んできました。国内外すべてのお客様に楽しんで頂けるよう、バラエティに富んだアートをご用意しております。また、弊社ではホテルやマンション、オフィス、病院、個人宅等々の建装アートワークを手掛けており、お客様のニーズに合わせたご提案も多数行っております。

 

 

 

――お店の「おすすめの商品」・「自慢出来るサービス」を教えて下さい。

 

矢川さん チェコ在住のガラス作家、岡野香さんのガラスレリーフがおすすめです。洗練された美しい作品は、帝国ホテルのパークサイドダイナーや、スイートルームほか、様々なパブリックスペースに飾られています。

 

 

 

――「入社されて何年目」ですか?

 

矢川さん 現在15年目です

 


――「このお仕事を選んだ理由」を教えて下さい。

 

矢川さん 学生の頃から美術を専攻していたので、アートに携わる仕事がしたいと思い志望しました。

 

 

 

――お店で働いていて「一番嬉しかった事、やり甲斐」は何ですか?

 

矢川さん 私は主に建装のお仕事を手掛けているのですが、ご提案したアートがクライアントに気に入られ、納品に至るまでのプロセスにやり甲斐を感じます。

 


――最近あなたが「感動した事」を教えて下さい。

 

矢川さん 野球の日本代表が10年ぶりに世界一になった試合にとても興奮しました。子供の頃から野球好きなのでチームワークの良さとリーダーの涙に感動しました。

 


――日比谷近隣の「お勧めやお気に入りの店・場所」があったら教えて下さい。

 

矢川さん ミッドタウン日比谷の1階にある「レクサスカフェ」は雰囲気が良く、ゆっくり出来るのでお気に入りです。

 

 

 

――最近あなたが「ハマっている事」(マイブーム)があれば教えて下さい。

 

矢川さん 「ガーデニング」です。ハーブが好きで色々と育てていますが一番のお気に入りはパクチーです。

 


――あなたの「特技」は何でしょうか?

 

矢川さん 手先を使った細かい作業が得意です。特に刺繍やパッチワークが好きでベビー小物を作ったりします。

 


――「休日はどんなこと」(趣味など)をされていますか?

 

矢川さん 子供たちを連れて「インディアカ」というスポーツをしています。「インディアカ」は羽根の付いた特殊なボールを手で打ち合う、バレーボールタイプのスポーツです。地域のクラブチームに所属し、老若男女幅広い交流で楽しく汗を流して美味しいビールを飲むのが休日の楽しみです

 

 

 

――「座右の銘」もしくは「好きな言葉」を教えて下さい。

 

矢川さん 「思い立ったが吉日」です。何事も興味のあることには行動を起こせるパワーを常に持っていたいなと思っています。

 


――あなたを「動物」にたとえると何でしょうか?

 

矢川さん 「カピバラ」です。のんびりボーッと温泉に入る姿にとても親近感を感じます。

 


――最後にご覧になっている方へ「メッセージ」をお願いします。

 

矢川さん 隣接ショーウインドウに於いて月替りでアーティストのご紹介をしております。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 

 

 

――矢川さん、今日はお忙しい中、ありがとうございました!

 

矢川さん ありがとうございました!

 

 

 

【店舗の詳細情報】
営業時間
 [平日]10:00~19:00
 [日祝]10:00~17:00
定休日 12月30日
電話番号 03-3503-7988
ホームページ

 

今回をもって連載コラム「アーケードの顔」は終了致します。約1年間をかけて27名の看板スタッフを紹介してきました。ご覧いただきまして、ありがとうございました!

PAGE TOP